« 2004年10月 | メイン | 2004年12月 »

2004年11月 アーカイブ

2004年11月07日

11月7日 毎日が利益大評判!

ありがとうございます。
毎日が利益、約2321人の方から、
「よく真似した」
「痛みに耐えてがんばった。感動した」
「今度はいつタイトルを変えるの?」
などの暖かい、心のこもった意見をいただきました。

また、7名の方がコメントを下さり、関心の高さを物語っています。ちなみに神田先生のブログでは毎日100ほどのコメント書き込みがある。7:100この差は何なのか?
でも、タロさんのブログにはほとんどコメントがないので安心している。

まあ、あの日記に書き込みをする人、というか、あれほど意味のない日記は過去100年さかのぼってもないだろうから、無理はない。
あの文章力でなぜ本が売れるのか!?私の努力は何なんだ!
結局努力は報われないということですね。

11月にタロさんの新刊が出ます。その1週間後に私の新刊が出ます。タロさんには間違っても勝てないので、今のうちに言えるだけの悪口をいい、評判を落とすつもりです。
アメリカの大統領選でさえ、ネガティブキャンペーンをやるのですから、私がやってもバチは当たらないでしょう。

明日から1日3回朝昼晩と行います。
といっても、毎日日記もかけない私なので信用しないでください。

写真は、近藤トウタさんの肖像画です。私が書きプレゼントをしました。トウタさんの生き方すさまじいです。

追伸
コメントをくれた7名の方。ありがとうございます。ささやかなプレゼントを用意してあります。
下記アドレスにお送り先を記入しお送りください。1週間以内に発送します。では。
hira@lhouse.co.jp

では。
32.jpg

2004年11月08日

11月8日 毎日が利益!好調です!

タイトルを変えてから励ましの意見が続出しています。
「平さんは本当に主体性がないですね」
「真似して良心は痛まないのですか」
「写真だけアップしてください」
など。

来週から本格的に利益を生み出す本質的かつ重要なお話をするつもりです。
ただ、つもりで終わるかもしれません。

さらに来週から新しいメルマガ「非道徳に儲けろ!」が始まります。毎日書きます。私の本音中の本音をズバリ一言で語ります。非道徳がキーワードですから強烈です。楽しみにしないで待っていてください。楽しみにするほどの内容ではありませんから。

フォレスト出版さんのメルマガでも私の「平語録」が始まります。先日、「平語録やりたいんですけど、面白くなかったら採用しません。2,3いってもらえませんか?」と柳田さんという方が、生意気に私に言うので、かましてやりました。
「○○○○」
「××××」

それを聞いた柳田さんは、飲みかけのコーヒーを口から吐き出してしまい大騒ぎでした。
平語録は強烈です。神田先生のように優しくないですから。といってもタロサンほど冷たくもないです。こうご期待!いえ、やっぱり期待はしないで下さい・・・

写真はフォレスト祭りの時の衣装です。私が一番着物が似合うと評判でしたのでお見せします。
33.jpg

2004年11月09日

11月9日 だと思う・・・

いやー忙しくて今日が何日で何曜日か分からなくなってきた。忙しくなくてもよく分からないが。
私が忘れっぽいと言うのは有名な話だ。というか、自分で有名にしている。これ、俺の得意技、十八番ね。自分で自分を有名にする。どうやってやるかというと、なんでも手を上げるの。

「これやりたい人ー」「はーい」って感じ。手をあげない人で人の背中に隠れている人には成功は訪れないよ。

何の話だっけ?
忘れっぽいと言う話ね。お袋をスーパーに連れて行き、忘れて帰るなんてザラだからね。わざと忘れる時もあるけど・・・

今日いよいよ12月のセミナーの告知をしたぞ。いったいどうなるか。もし、私がセミナーに行かなかったら、忘れたのではなく逃げたと思ってください。実際逃げたい気分なので。
気合も入ってきたけどプレッシャーも大きい。絶対参加者を満足させる!という意気込みでいる。やるしかない。

写真はあのヤンキー先生で有名な義家先生だ。何を隠そう私は友人なのだ。義家先生の新刊が出ている。毎回熱い内容だ。子供を抱える親はぜひ読んで欲しい。
34.jpg

2004年11月11日

11月11日 自由な時間

こんにちは。無料セミナー申し込み3440名を超えました。自分が一番びっくりしています。このブログを読まれている方は16日の本申し込み必ずしてくださいね。
絶対にお会いしたいので。
会場ではぜひ声をかけてください!

申し込み時の質問のなかで「自由な時間はありますか?」という質問が多かったのですが、自由な時間って何でしょうか?南の島に行ってのんびりすることでしょうか?仕事を忘れ家族で旅行することでしょうか?

私にとっての自由な時間は仕事をしている時です。一人でのんびりするなど考えられません。とっても不自由です。仕事をしていれば、いろいろな人と会えるし、話を聞けます。もちろん嫌なこともあります。しかし、それも重要なことです。

いい仕事をしていると、ある方法さえ知っていれば、次から次にいい仕事が舞い込みます。仕事が辛い、自由な時間が欲しいという人は、今、辛いだけでしょう。その辛さは将来の糧です。私も辛いと思った時期は20代のころ10年ほどありました。でも、その時期がなかったら今はありえません。本当にいい経験をしたと思っています。

仮にあなたが今40歳とします。今辛い人生かもしれません。その辛さは、明日解消されるかも知れないし、10年後解消されるかもしれません。人の成功はいつ来るか誰にも分からないのです。

石井修という建築家は成功したのは70歳を過ぎてからでした。
20代で成功し、30代で貧乏な人も数多くいます。

私も10年後どうなっているかは分かりません。明日のことだって予測などできません。事故で死んでしまうかもしれません。だから明日死ぬ覚悟で、毎日一生懸命仕事をしています。仕事が人生なのです。私にとって、遊びも自由な時間も仕事の一部です。

こんな考え変ですか?

イラストは私が書いた座頭市です。前回のトウタの絵好評だったなー。なので、調子に乗り掲載。こんなイラストでよかったらプレゼントするぞ。私過去にたくさん書いてきたけどほとんど残っていない。みんな上げちゃうから。

読者の人が喜ぶならプレゼントします。欲しい人は手を挙げてください。でも、前回プレゼントした人は遠慮してください。では。
35.jpg

2004年11月12日

11月12日 新しいメルマガ始まる!

ついに!というか誰も期待していない新たなメルマガが満を持さないで始まる。
なぜ新メルマガを出すのか?
「暇だから」
「思いつき」
「社員にそっぽを向かれたから」
そうではない。実はフォレスト祭りというのがあって、私が放ったコメントや一言がバカ受けしたのだ。バカにだけ受けたという意味ではない。

「そうか、俺の一言は重いのだな」と思い始めることにした。いつまで続くかは想像に任せるが、最低3回は書きたい。そのくらいのたくわえはある。

タイトルは「非道徳なほどに儲けろ!」である。実際俺の儲けはタロさんに「あんた儲けすぎ。しかも使いすぎ。今度東京にタワーマンション24階買うんだって?」と、あることないこと(私が話した)言われた。

俺の本音かどうかわからないが、というのもいつも適当なことを言っているので、どれが本音か嘘かわからなくなってきている。
自分で言ってることがわからないのに読者にわかるわけないと思うのだが、なぜか読んでいる人がいる。

多分プレゼントほしさだと思うが、それでも誰も読んでくれないよりいい。イチローだって観客がいなかったら、世界新どころか野球さえやっていないぞ。

で、話は戻って、今回のメルマガはきわめて短い。かつためにならない。しかし、面白い。なぜ短いのかというと、長く書けば書くほど読者が逃げるから。

さて、では、どんなメルマガか?一発かましておこう。

「非道徳的なほど儲けろ!」 0号

「貧乏人は努力に逃げる」

写真は私が明日のジョーを贈った廣田さん。元キックボクサーで無敗のままリングを降りた。負ける前に転職する。さすがです!
36.jpg

2004年11月13日

11月13日 新刊終了

おはよう。というか今0:53分。そうこうしているうちに0:54分。なんて書いているうちに0:55分。こんなこと続けていたら、殴られるのでまじめに書くぞ。

新刊校正が終了。やっと本の執筆から開放された。
今回の本は正直すごい。何がすごいかはよくわからないが、イチローが世界新を出したことと匹敵するほどすごいと思っている、のは私だけか?

利益率80%。自分の中にある知識を現金に変える危険なビジネスの話だ。実際俺はこの方法を使って億万長者になった。自分で億万長者といっているのは、誰も言ってくれないからだ。誰もができる!といいたいところだが、それはいえない。絶対にできない、億万長者になれない人がいる。さて、それはどんな人か?

この答えを当てた人には、プレゼントがある。それは私のパンツだ。といったら、殺されるだろうから、違うものに・・・実は私が天才的なイラストレーターだった事がばれてしまった(自分でばらした)能ある鷹は爪を隠すというが、私は隠したことがない。自分の出べそでさえ見せる。ハンサムなところも隠していない。

プレゼントは、なんと!明日のジョーの原画復刻版だ。
11月12日の廣田さんとうつっているジョーは私が独立するとき買った本物。さすがに本物はプレゼントできないが、復刻版なら涙を呑んで差し上げる。しかも私のお言葉付だ。

私がお言葉を書くとなぜか皆泣く。泣かせる言葉を書くので当たり前なのだが・・・
これだけ長く書くと何を書いたのか忘れてきたぞ。
多分、先に書いたことを覚えていないだろうが、それでも期待する人は答えを書いて欲しい。

ヒントは、簡単、ストレート、ひねくっていない、○○な人、だ。

たけしのイラストをプレゼントする人も決まっていない。本当は「たけしのイラストより現金をくれ」「イラストを高く売って娘のランドセルを買いたい」みたいなコメントならあげたのに・・・

新メルマガ「非道徳的なほど儲けろ」予告 0-1号

「論より儲け」


2004年11月15日

11月15日 さあ、セミナー告知まで24時間を切った

今日9:13分にセミナーまで24時間を切りました、という告知文を送った。別に参加をあおっているわけではないのだが、きちんとお知らせしておかないと、「何で俺に連絡がないんだ」と怒る人がいるから。

どのくらいの人が申し込んでくれるのか?不安です。あなたは申し込んでくれましたよね?まだ!こんなブログ読んでいないで申し込んでください!

はあ、はあ、申し込んでくれました。ありがとう。


さて、告知文には、このブログに意気込みを書き込んでください。と書いてあります。ぜひ書き込みをお願いします。プレゼントがあります。「毎日が利益」というタイトルに嘘はありません。今まで嘘をついたことは126回ありますが、すべて妻に対してです。ただ、全部嘘だとばれてしまいましたが・・・妻が言うには私が嘘をつくと全部わかるそうです。なぜなんだ!と聞いたら、
1.手をそわそわさせる。 2.目が泳ぐ。 3.すぐに寝たがる。 4.触りたがる。 5.怒るからわかるそうです。思い起こしてみると全部当たっている・・・

それはどうでもいいとして、プレゼントです!
私の新刊「速攻ビジネス」が12月3日に出ます。その本に私のお言葉を書き、さらに思いがけないプレゼントを沿えお送りします。タイトルが道幸武久さんの「加速成功」と似てしまいました。申し訳ありません。

面白い書き込みから、涙するようなコメントまでお待ちしています。もし、100件書き込みがなかったら、アシスタントの林に別名で100回書き込みしろと命令しました。林も忙しいので、かわいそうだと思ったら書き込みお願いします!では!

写真は私の会社での仕事風景。といってもめったに会社行かないけど。ちなみにシャツはバーバリーのオーダーです。パソコンはIBM。写真たての写真にはシホの写真がはってあります。

※事務局からのご連絡
本日の24時間前メールは、明日のメールの同時到着、そして9時13分到着に向けて
万全の体制を期すため、100名、300名、1000名とある程度のまとまりごとに、配信時間を分けて配信しております。ですので、今回のメール到着時間はバラバラになっています。

明日は9時13分から1,2分は前後する可能性はありますが、全員同時にメールは到着
いたします。ご安心下さい。

※連絡2
ただいまブログへの書き込みが多くなっておりますので、ブログの中で事務局への質問
をされた場合、返信できかねる状況にあります。質問などございましたら
hayashi@lhouse.co.jp
までよろしくお願いします。

※連絡3
ブログへの書き込み方の質問が多く寄せられておりますのでこの場にてご紹介させていただきます。
11月15日の日記に書き込みをしたい場合
①平が新聞を読んでいる写真の下にあるCommentsをクリックする
②皆様のコメントが表示される
③下にスクロールする、下に行けばいくほど最新の書き込みです
④一番最新の書き込みの下に、コメント入力欄があります。
⑤そこに、名前、パスワード(適当でかまいません)を入力し
コメントを入力の上送信を押してください。

37.jpg

2004年11月16日

11月16日 「林!このコメントの数どうすんだ!?」

イヤー参りました。まさかこれほどコメントをくれる親切な人がいるとは!俺って人気者なのかな?「社長それは違います。新刊とプレゼントを上げるといったからですよ」「お前ナーそんなことは分かってんの。いいじゃん少し酔いしれていたって」「でも、社長次の仕事かかってくれないと山済みです」

能力はないが口は達者なアシスタントを持つと苦労します。ちなみにアシスタント林は、北海道大学法学部自称主席、英語堪能、整理整頓ができない、一般常識に欠ける、掃除するとき男のくせにゴム手袋をする、銭湯で前を隠さない、頭の形が変、返事はいい、運転が超下手、入社した日に駐車場で車をぶつけた、しかも2度も。まあこれくらい褒めておけばいいだろう。

セミナー当日もいますので見つけたら2,3発気合を入れてやってください。ちなみにやつは空手5段です。

さて、もう書き込みはしないでください(苦笑)新刊300冊以上送らなければいけないんです。ただで、しかもプレゼントつきで。泣きそうです。いつも7-10件の書き込みで、書き込みして欲しくない人ばかりで盛り上がっていました。なので、30件は来ないだろう。と、たかをくくっていたのに、300件!プレゼント辞退してくれる人は申し出てください。一生感謝します。かわいそうだと思って・・・

これ、経費で落ちるのかなー。私億万長者なのですが、小遣い制なのです。毎月300万円しか小遣いがないので困っています。
先日も会社にヤクルトおばちゃんがヤクルトを売りに来てジョアのグレープフルーツ味を1本買ったのです。それで、120円?払うときに100万円入りの財布を見せびらかしながら払ったら、ヤクルトを入れているケースを落としてしまい、ぐしゃぐしゃになってしまったのです。
これ、作り話じゃないですよ!まあ、からかってやったのですけどね。次の日から違うおばチャンになりました。

そんな話はどうでもよくて、まあ、こんな人間なので、セミナーどうなっちゃうのかなー?ちゃんとしゃべれるかなー。練習しなければ。

コメント本当にありがとうございました。何度も何度も読みました。気合十分で望めます。
今日からは又平穏なブログに戻ります。決して訪れて、コメントしないでください。もう何もでませんので・・・

350なん通のうち、最高に面白かったのは、アンパンマンの母のコメントでした。アンパンマンの父はたいしたことないけど、母は優秀です。これからは母が前面に出たほうがいいかも(笑)

では、セミナーでお会いしましょう。当日は、ダンヒルのオーダースーツで行くぞー!ちなみに下着はしまむらです・・・

写真はニューヨークで笑わすを配ったときのもの。アメリカの新聞3誌に取り上げられたぞ!
アメリカでもやることはやってきました。!両隣は私より短期間で成功した廣田、安倍氏だ。

※トラの穴事務局 林より

今回は事務の不手際により皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。
ただいま、いただいたメールにはほとんど返信できていない状況です。
メールをいただいておきましたら必ずご連絡いたしますので、恐れ入りますがお待ち下さい。

なお、何らかの理由によりメールを受信していただかなかったお客様。
大変ご迷惑をおかけしました。必ず、対応させていただきますので
恐れ入りますが、私までメール下さい。よろしくお願いいたします。

hayashi@lhouse.co.jp

38.jpg

11月17日 セミナー満員御礼!新刊プレゼント!

39.jpg
セミナー満員御礼!ありがとうございました。
サーバーなども容量の大きいところをお借りし、万全の体制で臨んだつもりでしたが、すぐにダウン。みな様に多大なご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ありませんでした。

セミナーに申し込むために、
会社を休んだ方、奥さんと殴り合いをしたかた、子供のオムツを替えながら、3時間もなれないパソコンと格闘された方等、いらっしゃいました。私は、涙が出る思いで受注作業をしておりました。本当にありがとうございます。
セミナーを皆様の期待以上のものにし、内容でお返しします!

また、多数の書き込みありがとうございました。笑ってしまうものから、頭の下がるご意見まで本当にうれしいです。お約束したとおり、新刊「速攻ビジネス」(フォレスト出版)に、私の必殺に一言をサインし、さらに思いがけないプレゼントを一緒にお送りします。

ですが、送り先がわかりません!
私がバカだったのですが、ブログで書き込みをしてくれた方は、みな、メールアドレスがわかると思っていました。しかし、わからないのです。HPに飛べる人もいるのですが、調べ切れません。なので、お送り先を以下のアドレスにお知らせください。

12月3日発送いたします。

hira@lhouse.co.jp
郵便番号、住所、氏名、ハンドルネームを添えてください。

追伸、
写真は、今の林の状態です。申し込みが途中で終わってしまった方、申し込みをされた方への受講表の送付などの作業を徹夜で行います。まだ、手作業なのです!
もし、かわいそうだと思ったら、林に励ましの一言をいただけるとありがたいです。私とは忙しすぎて口をきいてくれないので・・・このブログにお願いします。

追伸2
正式申し込み完了されました方への受講表メール送付は明日いっぱいかかる
目安です。場所・時間などをどうしても早くお知りになりたい方には、個別に
受講表をお送りしている状態です。恐れ入りますが、受講表はもうしばらくお待ち下さい。

2004年11月17日

11月18日 なぜ働くのか

私の好きな言葉に「かなわない夢はない」という言葉がありますが、残念ながらかなわない夢はあります。私が、どんなに努力してもイチローにはなれないし、ノーベル賞級の発明は出来ません。

努力にもムダな努力というものがあります。確かに無駄な努力は存在します。
苦労は買ってでもしろという言葉もありますが、しなくていい苦労もあります。

すべての言葉に裏と表があるのです。
岡本さんの著書に「裏帳簿のススメ」という人を食ったタイトルの本がありますが、内容はいたってまじめです。

私自身にも裏も表もあります。
しかし、自分でどちらが裏でどちらが表かわからなくなっています。1200人を呼んでのセミナーを開く。これは、本当の私のスタイルではありません。あまりやりたいことではないのです。

しかし、私がこのようなセミナーをやることで、人を勇気付けることが出来るなら、お金を稼ぐ方法を教えてあげられるなら、私がやらなければならないことなのだと決意しました。
このセミナーの目的は?
なぜ無料なのか?
何か仕掛けがあるのではないか?

多くの人から質問をいただきました。
答えはセミナーでお話します。

世の中には集客も出来ないのにマーケティングコンサルタントを名乗っている人もいれば、お金儲けしたこともないのに、成功法則を語る人もいます。私には出来ません。自分自身が実践してきたことしか話せませんし、話してはいけないと思います。

お金を儲け出来た人が成功者だとは言いません。成功には色々な形があります。自分が成功したと思えば成功なのか?自分の心が豊かになれば成功なのか?
私にもよくわかりません。

私の経験では、年収3000万円を超えるとほとんどほしいものは手に入ります。お金で買えるものはなんでも買えます。でも、満足感はありません。どんなにものを買っても満足する気持ちにはなれませんでした。

人はなぜ働くのでしょうか?

遊んでいたほうが楽で楽しいのに、なぜ一生懸命働くのでしょうか?
私はその答えを知っています。しかし、その答えは私の答えであり、あなたの答えではありません。
人のことはどうでもいいのです。
「自分はなぜ働くのか」その答えを考えてください。考えても答えは出ないかもしれない。ではどうするか?
考え抜くのです。どこまでも考え抜くのです。
私の考えはセミナーでお話します。

セミナーであなたに会うのは、その時が最初で最後かもしれません。一瞬の気も抜きません。あなたとの出会いを大切にしたいからです。
私の目を見ていてください。
正面から受け止めてください。
私の決意をとくとご覧いただきます。

セールスレターでお話したとおり、セミナーでは道徳的な話は一切ありません。あなたが明日成功するためには何をすればいいのか?何を考えればいいのか?私の4年半を元にお話します。
あなたがなぜ成功しないのか、お金持ちになれないのか、人に幸せを分けてあげられないのか、もっと上のステージに上がれないのか、あなた自身が実を持って知ることになるでしょう。
つらい話かもしれません。聞くに堪えないこともあるかもしれません。
しかし、しっかりと受け止めてください。そこからがスタートです!私が最後まで力になります。

40.jpg

写真は、マイナスからスタートし10億円企業を作った3人と、「もう声なんかいらないと思った」の著者大橋弘枝さんと。いい本です。ぜひお読みください。

2004年11月18日

11月18日 2度目の日記 イヤー

イヤー18日の日記重過ぎました。つい真剣になっちゃうのが俺の悪い癖なの。億満長者が暗い話してたら、世の中明るくならないね。
当日のセミナーは半分はお祭り。100万円プレゼントから、私の電話相談プレゼント、さらにびっくりする・・・話したいけど話せない企画も考えています。

また、後で連絡するとは思うけど、家を出る時から興奮するアイデアを考えているぞ。あなたが歩いている時、電車に乗ってる時、会場に現れた時、「おお!」と感嘆の声を上げるかも。これもまだ話せない。自称億万長者平秀信のマーケティングの真髄を余すところなく見せちゃおう!

ちなみに、私が裸で歩いているとか、浜崎あゆみがゲストで来るという話はありません・・

期待しないでくださいね。斉藤一人さんも言っています。「セミナーを10倍楽しく聞く方法がある。それは期待しないことだ」その通り!さすが一人さん。あなたの期待値が10だとしたら、6くらいに下げてほしい。そのほうががっかりしないから、あなたのためだ!

41.jpg

2004年11月19日

11月19日 社長そこまで話しますか!

「社長そこまで話しますか!」
私が、アシスタントはやしに億万長者セミナーのテキストを見せたときの反応です。
「話すに決まってるだろう。お祭り気分でやるわけじゃないぞ」
「え、私、半分お祭りかと思っていました!」
「何言ってるんだ。北海道や九州からも来るんだ。会社休んで来るサラリーマンも多い。夜行バスで来て夜行バスで帰る人もいる。死ぬ気で話すにきまってるだろう」

本当に頭が下がります。私の話を聞きにとんでもない遠くから皆さん来てくれます。五反田の人もいますが・・・会社を休んでまで!

私は身の引き締まる思いです。
でも、勘違いをしないでください。あなたが楽をして億万長者になる話しをするのではありません。億万長者の道は険しいです。しかし、私が最短距離で進める道を作りました。なので、あなたが同じ苦労をする必要はありません。
しなくていい苦労はしないでください。他にやることは山ほどあるのですから。

午後のセミナーに申し込むか迷っている、という人が多くいました。迷うのは当たりませです。大金を払うのですから、その価値があるかどうか?疑るのは当たり前です。参加するかどうか今決める必要はありません。無料セミナーを聞いてから申し込みをしても遅くありません。

午後のセミナーは非道徳セミナーです。非道徳といっても、法に反するノウハウを話すわけではなく、非道徳的なほど儲かる方法をお教えするのです。
正直言ってこの方法は3年ほど前に確立していた「とんでもないノウハウです」私はこの方法を使って提携企業に数十億の利益をもたらせました。わずか2年ほどのことです。もちろん私自身もサラリーマンの生涯年収を軽く越える利益を得ました。

あなたの会社に新しい儲けを生み出す、うそのような本当の話です。あなたの中に潜んでる知恵を黄金に変える、私のとっておきのノウハウなのです。
しかし、信じることは出来ないでしょう。当たり前です。私でさえ本当にこんなに儲かっていいの?と思ったほどですから・・・

私は嘘とらっきょが大嫌いです。ちょっとオーバーなところはありますが。
もし、あなたが、無料セミナーだけを申し込んで、午後の非道徳セミナーを申し込まなかった人で、「後悔していたら」そのままにしておいてください。
無料セミナーを聞いて、さらに奥の話を聞いてみたいと思ったら、それからでも遅くはないのです。

明日からは、あなたに毎日利益をもたらす話を始めます。多少スマートジョークも入りますが、ご容赦ください。

では!

とうたさん逝っちゃいました。ご冥福をお祈りします。
42.jpg

2004年11月20日

11月20日 あなたに伝えたいことがあります

今日はまた真剣モードです。お付き合いください。

ズバリ言います。
以下の方は私のブログにもホームページにも近寄らないでください。商品も買っていただかなくても結構です。今後一切私の目の前に現れないでください。そのほうがお互いのためです。

1.「1000円は絶対に返してくれるのでしょうね」とメールいただいた人。

2.「セミナーの内容が満足できなかったら返金してもらいますね?」と評論家のように言っている人。

3.セミナーの段取り、手続きに文句を言っている人。

私は今回のセミナーに本当に真剣に望んでいます。
本気で億万長者を多数輩出したいと思っているのです。
このセミナーは何ヶ月も前から企画し、準備してきました。しかし、残念ながら申し込み時にサーバーがパンクするという事態になりました。それ自体は本当に申し分けないと思っています。

申し込みが済んだ後の受講表の配信も遅れています。今日にはすべての方へ配信できると思います。サーバーがパンクしてしまったため、リストの重複や、入金の確認を確実にするために一人一人に確認しながらメールをしているため、遅れています。林が毎日栄養ドリンクを飲みながら、2時間の睡眠時間でこなしています。

責任はすべて私にあります。しかし、わざわざメールや、ブログで意見をいただきたくありません。顧客サポートの窓口があるのですから、そちらに連絡してください。そのための窓口です。
気に入らない対応であるなら、謝ってってご返金いたします。どうぞ返金の手続きをしてください。

1000円の返金を気にする人、気に入らなかったら返金を要求しますと公言する人。このような気持ちの方は絶対に億万長者にはなれません。私が100%保証します。


私は、楽しく、明るく、そしてためになる。そんなブログにしたいと願いこのブログを運営しています。ごく一部のつまらない意見で自分の気持ちや、本当にがんばろうと思い、書き込みをしてくださる皆さんの雰囲気を壊されたくありません。

私はこのグログを読んで下さる人の中から必ず次に成功する人が出る!と信じています。後ろ向きの意見はいりません。必要ないです。

厳しい言い方をして申し訳ありません。しかし、私の本音です。どうか理解していただければ幸いです。

追伸

明日からはまた、楽しいブログで行きます!また、寄ってください!

※事務局より
本日、受講表全てメールで発送しました。
届いていない方は
①メールアドレスを間違えて入力した
②申し込みが正式に完了してなかった

のどちらかに該当します。
申し込んだよ!でも届いていない!
という方はhayashi@lhouse.co.jp
までご連絡下さい。


2004年11月21日

11月22日 無駄な努力もある

しかし、大変です。泣き言を言わせてください。聞きたくない?そんなこといわないで聞いてください。お願いですから。

泣き言はメールです。今回のセミナーでは、初めにメールで申し込みいただきました。なんと!そのメールの打ち込み間違い、アドレス間違いが、山のようにあるのです。私があわてさせたというのも原因ですが・・・
なので、そのメールアドレスに連絡をしても返事が来ない。申し込みの時のアドレスと違う。(もし、愛人のアドレスを借り、そのメールに当方が返信してしまい、浮気がばれても私の責任ではありません)

メールって便利なようで便利じゃないものなんですね。

さて、こんな意見がありました。
「エルハウスさんは高額商品を売っているから、平さんは億万長者になれたんです」
多くの方がそう考えているかも知れません。しかし、違います。私達は確かに1500万円ほどの家を売っていますが、粗利益で22%ほどのもの。経常利益で5%程度です。つまり10億売っても2億2千万円の粗利益。そこから経費を1億7千万円ほど引けば残りは5千万円です。つまり経常利益は5千万円です。もちろん私の給料も経費に入っています。

これでは、億万長者の年収は不可能。(すいません、このブログ地元のお客様も見ているので、ほどほどに話します)

どこから私の給料は出ているのか?そのほかの収入があるのです。

エルハウスには、会社に新しい儲けを生み出すシステムがあります。そして、そのほかに二つの会社の役員をしています。その報酬として○○円になるのです。

10億円の売り上げから得る利益と同等の純利益を生む。この方法を話すと皆たまげます。本当に出来るのか?そんなことをして会社は大丈夫なのか?実際に今も順調にやっています。

この方法は、すでに商売で成功している人しか使えないものです。なので、まず自分の商売を成功させる必要があります。

無料セミナーでは、今の商売を大繁盛させ、利益を得る方法を主にお話します。そして、午後のセミナーでは、「この方法」「数ヶ月でライバルの真似の出来ない自社のポジションを築く」などの話をしていきます。

さて、話は変わって、

「ムダば努力」についてお話します。
私は自分で努力家かどうかよくわかりません。何せ仕事が好きなので、どんなことも苦労と思えないのです。セミリタイヤとか、ハワイでサーフィンなんて考えられません。遊んでいてもぜんぜん楽しくないからです。

といってもこれ、私だけの話じゃないんです。タロさんは、有名な話ですが、子供の運動会で日経ビジネスを読んでいるそうです。子供の活躍も見ずに・・・

私が言っていたとは言わないでほしいのですが、事実です。
ちなみに私は、ビールを飲みながら日経ベンチャーを読んでいて、子供との共同競技をすっぽかしました。妻に火のように怒られたのは言うまでもありません。

アー疲れた。ここでやめます。またタイトルの話が中途半端になってしまいました。いつものことですが・・・

ではまた。完全に話が皆中途半端でした。明日からは、本当に今すぐ使えるノウハウを絶対に書きます。明日また来なければ絶対に損します。

写真は私の書庫です。
43.jpg

2004年11月23日

11月23日 プライドはケロイドと同じ

ブログの書き込みを読んでいると、自分の甘さにうなだれることがあります。
植物人間になったいとこさん、そのほかにも重い荷物を背負った人、多いと思います。荷物の重さに多少の違いはあれ、みな何かを背負っている。でも、泣き言を言っても何も解決しない。でも、泣き言も言いたいです。

私なんか毎日妻に八つ当たりしています。よくがまんしていると思います。(あまりがまんしていませんが・・・)

お金が解決する問題も多いです。いいでしょう!私のセミナーでぜひ何かをつかんでください。本業で成功する方法。本業の成功から生まれる新しいビジネス。短期間で勝つための方法。全部しゃべります。しっかりと受け止めてください。

億万長者になるためには大切な心構えがあります。多くの億万長者に共通したことです。
プライドです。プライドが邪魔します。

商品やサービスに対するプライドは絶対に必要です。私もローコスト住宅を自信を持って売っています。しかし、そのほかの事に関しては全てのプライドを捨てました。なので、どんな人にでも教えてもらう時には頭を下げます。謙虚に話を聞きます。全てを吸収したいからです。素直な気持ちを持つと、本当に今まで見えなかったもの、知識、その人の心のひだまでも感じることができます。

素直さ。億万長者の特質です。頑固さは70歳からでいいでしょう。

今日の言葉
「お金は大切なものだから、悪いやつに渡してはならない」
アメリカの牧師の言葉より・・・

44.jpg

11月24日 ないものは作る

あれがない、これがない。それは無理、あれは出来ない。
こんな言葉良く聞きますよね。私も良く使いますが(笑)
私の場合は整理整頓が出来ないので、ものがどこかに行ってしまうのです。勝手にどこかに行くわけないので、私がしまい損ねているだけなのですが・・・

成功したお祝いにラスベガスへ行きローレックスの時計を買いました。60万円くらいだったと思います。ラスベガスで1日はめて、次の日になくしました。日本に帰って妻に3時間正座をさせられました。子供にも罵倒されました。
私は居眠りをしながら聞いていました。

それ以来、時計は持っていません。(古いブルガリはめています)まあ、自分のせいなので仕方ないですが・・・

何を言いたいのか?お金があることを自慢しているわけじゃないですよ。だらしなくても、忘れっぽくても、整理整頓が出来なくても、成功できるってことを言いたいのです。
得意なこと、やっていて苦にならないことをやり続ければうまくいくのです。

やっていて苦しいことは長続きしませんし、つまんないです。得意なことは、裏の裏まで知っています。だから、お客の質問には皆答えられます。かわすことも出来ます。
得意なことがない?
では、出来るまで10年は同じ仕事をしてください。誰にも負けない技術を身につけてください。それが自信になります。ちなみに私が人に絶対負けないもの、それは、根性でも、建築の知識でも、ナンパ術でもありません。それは、ズバリ!顔です。だめですか?

人に負けないもの。それは製図力です。家の図面を誰よりもきれいに早く書くことが出来ます。設計力はありませんが、書くのが正確で早いのです。人に負けないもの、それを身に着けてください。自信になります。

独立も成功への一歩もそれからです。億万長者の資格は、得意なことがあること、これが絶対条件です。

あ、またタイトルと違うこと書いちゃいました。「ないものは作る」これ私の得意技なのです。この話を聞くとみな、あきれ果てます。でも、まねして始めます(笑)

明日詳しくお話しましょう。

そうだ!億万長者の条件、大切なものがありました。それは、「ハンサム」であることです。
では、証拠をお見せしましょう!
45.jpg

2004年11月24日

11月25日 ないものを作る 2

今日はガツンといくぞ。
ないものを作る。これ、ゼロから物を作るという意味ではない。われわれ凡人はゼロから者を作ることを考えないほうがいい。遠回りになるからだ。
事商売に限っては成功まで、儲けの道は最短距離を進まなければならない。

私が工務店1年で地域ナンバー1にすると考えたとき、あ、ここ重要なんだけど、日本一にと考えたら、全く戦略は違うからね。日本一を目指すなら小手先のテクニックではなく、体力、気力、資金力すべてに物をいわせブルドーザーのように進まなければならない。


しかし、地域1番点になるくらいなら、小手先のテクニックでまずは十分なのだ。
テクニックその1
学歴を作る。

私は専門学校卒、廣田さんは35歳で高卒、安倍さんは大きな声ではいえないけど、中学を卒業していない。理由は、そのうち本人から書き込みがあるでしょう。
億万長者になるには学歴は必要ない。しかし、あったに越したことはない。かっこいいし。

私、今中央大学法学部通信教育課の学生です。なぜ学生になったのかというと理由がある。NPO法人「住宅法律相談室」を立ち上げたかったから。

中央大学に入るには年間8万円では入れる。たぶん卒業は出来ない。勉強しないので・・・
4月と10月に受付がある。
私はこの話を廣田さんから聞いてすぐに入学した。
私の友人知人は数十人中央大学の学生です。

これ、名刺や、チラシ、DMに書くと効果100倍。
勉強家なんですね!ガンバているんですね!中央大学なかなか入れないですよね!(そうでもないです・・・)

この学校を首になったら次は慶応大学に入学します。

このブログ内だけの話にしてください・・・

さて、あすは安倍式、女性を絶対に泣かせる、部下をあなたに心酔させる超話法をお教えしよう。彼はニューヨークでこの話法で次から次へ女性を口説いていきました。マンハッタンの超高級クラブへ行ったときも、彼の周りに行列が出来、私たちの周りから女が消えました。

しかし、支払いは私でした・・・

46.jpg

この男性も安倍さんがくどき、この後夜の街に消えていきました・・・

2004年11月26日

11月26日 「それはあなたじゃないですか?」

さて、今日こそタイトルの話を書くぞ。
安倍さんは、セールスの天才です。

が、

中学のころから東京で丁稚に出ていたのですが、根性がなく、逃げ帰ってきました。(成功するものは根性がある、というのは必ずしもあたっていません。)その後、S便に勤め全国2位の成績を納めました。ガソリンスタンドに勤めても新しい販売スタイルを確立しました。

その後住宅会社に移りセールスの天才性を発揮しだします。
そして独立。3年で10億円。今は80億円の売り上げに上方修正し動き始めています。
彼のセールス手法は独特なのですが、誰にでも出来ます。

彼の会社にも年間30棟以上を受注する営業マンがいます。私のところにも廣田さんの会社にもいます。3人とも全く違う営業手法をしています。安倍さんと廣田さんがどうやってスーパーセールスを作ったか分かりません。私が自社の営業にいったことは、

・お客に頭を下げて仕事を取るな
・契約が目的ではない。今すぐに家を建てたいお客を特定しろ

なのです。

さて、ニューヨークでの話です。
安倍さんの必殺トークですが、
10分ほど女の子と話をした後、以下の質問をしました。

安 「ねえ、嫌いな人いる?」
女 「いますよー」
安 「へーどんな人」
女 「そうねー、うそつく人、独りよがりの人かな?」
安 「へー、他には?」
女 「気の強い女、人の話を聞かないやつ・・・」

安 「それってみんな君のことじゃない?」

女 「・・・・」

1分ほどの沈黙の後、女は涙を流し始めました。
次の女に移る、同じく涙。その次の女も。

私もやってみました。やっぱりなくのです。
みな、自分の中にある嫌いな部分を口にする。その現実を自分自身で見てしまう。現実に直面するのです。
人は現実を見たくない、という無意識があります。見たくない現実を他人から見せられると頭にきます。しかし、自分自身で気づくと涙するのです。

さて、この方法を商売にどう応用するのか?
住宅の例でお話します。

私たちはローコスト住宅を売っています。なので、お金のないお客が多い。多くのお客はハウスメーカーのモデルハウスに行きます。そして、自分たちは家を建てられない、という現実を目の当たりにします。そして、なぜ自分たちは家を建てられないのか?という悲しみに襲われます。そのとき、私の会社を知り、話を聞くと「俺たちでも家がもてるのか!」という救いがあるのです。

好きにならないわけがないです。私たちの会社にはほとんど合い見積もりというものがありません。初めから決めてくるお客が来るのです。だから契約率が高いし、そんなお客に対して、私たちが「お願いします」と頭を下げる必要ないし、下げると逆に変な感じです。

現実に気づかせる。そこを救う。これが最強のセールスステップです。

では、本当にこれが最強のセールスステップか?
実はもっとすごいセールスステップがあるのですが、それは明日のブログまでお待ちください。

タロさんの本が出ました。いい本ですが買わないでください。(笑)
47.jpg

2004年11月27日

11月27日 「お父さんの本、読まないほうがいいかも・・・」

48.jpg
いよいよ3年間の封印をとき私の新刊が登場します。この内容は3年前に完成していたのですが、話せなかったんです。神田先生から書く許可が下りませんでした。

それほど危険なビジネスモデルです。はっきりいって劇薬です。
危険を承知!という方はぜひお読みください。

さて、昨日の続きでさらにすごいセールスステップですが、
人はどんな時に行動するのか?

怒り→悲しみ→思考→行動

というステップを踏みます。ちなみこのセールスステップを使う場合は、商品を買う必要性を感じているお客をつかむ場合です。欲求を感じているお客には使えません。必要性を感じているお客は、お金の高い安いが問題ではなく、誰に頼めばいいのか?どこで買えばいいのか?に視点がいっています。なので、そこに焦点を当てるのです。

なぜうちは家をもてないのか!→なぜ、私達だけが・・・→他に方法はないか!→ここで私達の広告を見る→即見学会に来る

ここからは、簡単。

「何かお困りのことでもあるんですか?」
「○○××」
「他にどんなことでお困りですか?」
「××○○」
「ご苦労されたんですね。でもその問題は簡単に解決できます。話をお聞きになりたいですか?」
「ぜひ聞かせてください」
「では、こちらへどうぞ・・・」

完全に、はじめから、お客と対等の立場で話が進んでいきます。

さて、ここからが面白いところ!次のステップは実は説明ではなく契約なんです。お客にあなたにませると約束をさせてから、説明に入る。ここの魔法のセールスステップはセミナーでお話します。

しかし、なんと世界にはさらに驚きのセールスステップがあったのです!これはセミナー当日アメリカから来ていただく天才マーケッターR師に教わったセールスステップです。まさに目からウロコの簡単な方法です。その方法とは・・・

明日のブログをお待ちください。

イヤー段々どこかのテレビと似てきましたね。
本当はこんなことやってる場合じゃないんです!セミナーの段取りで死に物狂いです。アシスタントの林がついに切れそうだったんで、(なにせメールを3000通以上打ちましたから)新しいパソコンを買い与え、やっと落ち着きを取戻しました。(ボーナスでひかねば・・・)

ではまた明日・・・書けるかな?

2004年11月28日

11月 28日 「やっぱお父さんの本買ったほうがいいかも・・・」

49.jpg
昨日の娘の言葉訂正します。
「お前、こんなこと書けば誰も買ってくれないだろう!
「おとうさん、なにいってんのつかみよ、つかみ!」
「おお、そうかつかみか・・・俺としたことが真に受けてしまった・・・」
「だからお父さんは1流のマーケッターになれないのよ」
「そ、そうだな・・・」

と、なぜか納得してしまった私です。家では子猫状態です。

今日は疲れたので、まじめな話は抜きです。かといって書き込みで「まじめに書け!」「600字以内は最低ノルマだ」「約束は守れ」などの攻撃しないでくださいね。
また、落ち込みますから・・・

私、落ち込むと10日ほど雲隠れするので・・・

アシスタント林 「社長、セミナーのパワーポイント早くやっつけてください」
平 「お前にえらそうに言われることはない。俺だってやりたいが、リアルを読んでしまわないと手がつかない」
アシスタント林 「何がリアルですか?現実をリアルに受け止めてください。また漫画に逃げる気ですか」
平 「失礼なことを言うな、これでも社長だぞ」
アシスタント林 「実質的な社長は奥さんかと思っていました」
平 「・・・」

明日日記書けるかどうか自信がありません・・・

2004年11月29日

11月29日 平均台の上を全速力で走れるか?

億万長者セミナーまで10日を切った。
いよいよ緊張してきた。緊張しすぎて寝過ごしてしまった。気が緩んでいるわけではない。単に目覚ましの時間をセットしまちがえたのだ。

妻に「おい、寝過ごしてしまったじゃないか!どうすんだ、社員に顔向けできないぞ」
「うるさいわね。まだ11時じゃないの」
「おまえ、うちの出勤時間は9時だぞ。知ってるじゃないか」
「・・・」

すいません、落ちを考えていたら、落ちを忘れてしまって思い出せないので、ここまで。

平さんは平均台の上を全速力で走っているようなものだね。といわれたことがあります。危なっかしいという意味でしょうね。
確かにそんなところもあるかもしれませんが、私結構余裕なんです。なぜかというと、その平均台を自分で作っているから。人の作った平均台なら心配なのかもしれませんが。

平均台の上を誰も走ろうと思わないし、後からついてくるにしても一人ずつ。
これ、一人勝ちの法則のひとつなのですけどね。

写真は奈良にある黄金をつかむトラです。聖徳太子様が乗ってきたトラらしい。お金儲けで有名なところです。いつかみんなで行きましょうか!
50.jpg

11月30日 ネクタイ差し上げる人誰でしたっけ?

ブログを業務連絡に使うのは私ぐらいなものだろうなー。ネクタイをプレゼントすると約束したのは覚えているのですが、誰か忘れました。身に覚えのある人は連絡ください。
差し上げるメーカーは覚えているので、俺も俺もといってもだめです。

セミナーで最後のスピーチを英語でやるのですが、あ、言ってませんでしたっけ?私英語が趣味なんです。しゃべれるっとことじゃないですよ。まったくしゃべれません。ただ、趣味というだけです。英語はがんばったほうがいいです。これからビジネスチャンスたくさんあります。「俺には関係ない」という方も多いです。しかし、今は関係ないかもしれませんが、明日は関係するかもしれません。1年後かもしれません。その時準備できていないと、黄金をまた、つかみ損ねるでしょう。

成功は準備しているものに訪れるのです。

今日は「どうして作戦」の話をしようかな。
これも、セールスの天才安倍さんに教わった作戦です。まったく見事です。

モデルハウスでの会話

「すいません。居間は何畳くらいあるんですか?」
「どうしてそんなこと聞くんですか?」
「え?」

「この家いったいいくらするんですか?」
「どうしてそんなこと聞くんですか?」
「なに!」

この調子です。これ、ちゃんとした営業マンがやるのではなく、アルバイトや、職人が対応する時にすごくいいんです。
普通どこでもそんな受け答えしませんから。お客もびっくりして、嘘の客か、本当の客かすぐにわかっちゃうんです。

まあ、今日はこんなところで。セールスの小技、後116個あるから紹介するのに2年かかるなー。

明日は、誰もが参ったというキャッチコピーを紹介しよう。明日見なかったら100年損する。

写真は私の建てる家を見学に来る全国の業者さんたちです。秘密をみんな見せちゃうんです。太っ腹です!
51.jpg

2004年11月30日

12月1日 ネガティブキャッチ

こんばんわ。明日の分を書いています。
とにかく毎日書くの大変。毎日寝るのや会社をサボるのはきちんとできるのに、なぜ日記を毎日書くのが大変なのか?

ためになること、笑わすこと、泣かせること、そんなことを考えながら書くから大変なのね。タロさんみたいにてきとーに書いているとホンと楽なのよ。

しかも今お楽しみは明日まで!とあおって書いてるので自分の首を絞めています。タイトルもいけない「毎日が利益」ですから、利益になることを書かねばならない。
やっぱ、前の「明日のためにならない」に戻そうかなとも考えましたが、「根性なし!」「しりやけ!」「努力しろ!」などの罵声を1000ももらった日には生きていけないので、もうちょっとがんばります。

泣き言はこれくらいにして・・・

ネガティブキャッチです。私は、後ろ向きのキャッチを良く使います。「家はまだ建てるな」みたいなやつです。そのイメージがついているのでなかなか変更できないんですね。それで、最近はエスカレートしてきて、「家作りで現金を捨てるな」になってしまいました。

私達は真剣な客を求めています。ネガティブキャッチで集客すると、真剣な客だけが集まります。たまに病的な人も来てしまいますが・・・
ポジティブキャッチとネガティブキャッチはどちらがいいのか?

商品によります。欲求を満たすための商品はポジティブ。必要性を感じさせる商品はネガティブ。私はこのように使い分けています。

で、

最強キャッチですが、誰でも使えるかどうかはわかりません。
「あなたはまだ○○を続けますか?」です。「あなたはまだ寒さに震える家に暮らしますか?」
みたいに。

実はこれ、最強キャッチではありません。書いていてもったいなくなったのでナンバー127にを書きました。(すいません)

プレゼント忘れていました。明日のジョー原画復刻版額入りです。ラッキーグッズ付で送りました。
52.jpg